はじめに

多量の行が表示されないように、このブログは1コンテンツしか表示されない。ブログアーカイブから、他の記事を捜してくれ。

環境作れし。
・gawk 3.1.5 for Windows をググッて入手。
・gawk.exeをpathの通ったフォルダにぶち込めし。
 (「windows パスを通す」ググッて)
 (面倒なら、C:\windowsにぶち込む)
・環境変数「awkpath」にスクリプトを保存するフォルダを設定。
 (「環境変数 設定 windows」ググッて)
 (面倒なら、C:\windowsに、紹介されているスクリプトぶち込む)

2020年11月27日金曜日

VBA : SQLSelectSelected : 改修 : Select 結果を result という名のExcel テーブルに出力

ココで最新版を公開している、自画自賛 DB 不要 SQL 実行環境 ”SQLSelectSelected” であるが、また、ちょい改修をいれたぞ。

Select 結果が展開される表組を Excelテーブルに作り込む様に修正した。

初回 Select 時はシート有効データの最後に追加しているが、これをExcelテーブルにして、2回目からは、同じ場所を上書きするように修正した。

resultt テーブルを cut & paste で移動すれば、以降の Select 実行でも、移動先の result テーブルを上書きする。

このツール、マジ凄くね? 

日本では著作権を放棄できないので著作権自体は保持するが、業務利用も含めて使用権は制限なしだ。 SQLデバッグで泣いてるおまいら、このツールで応援するぞ。再販は認めん。

動作環境を確認したが、現時点で最新OSの windows10(64bit) + 自腹で買ったExcel2019 で開発した。 CPUはAtomだ笑え。

Microsoft Access Database Engine 2016 Redistributable をインストールすれば、なんと windows8(32bit) + Excel2013 でも完璧に動いたぞ。 Lenovo MiiX とかいう 7inch の Atom タブレットだ。大いに笑え。

おまいらの Core i プロセッサなら問題ないはず。 早く SQLデバッグを終わらせて、皆で「星を紡ぐ子供たち」 にハマろう。フレンド申請受付中だぞ。